シャーロック 8話 感想絵2~世界を動かす人々は…~

→続き

経産省のエリートと、紳士服の仕立て屋さんとの無理心中かと思われた事件。しかし、謎の暗号文が発見され、これはただの心中ではないのではないかとなる、誉おディーン様一行。

そこで、読み解いた暗号をもとに、安蘭世津子(アランセツコ)@長谷川京子様が校長をされている、ビジネススクールへ行くことになる、誉おディーン様&若ちゃん@岩ちゃんさん。

今回の話は、当方的にシャーロックの中でも、好きなお話の一つですが、伏線回収が上手というか、2回見るとドキドキ動機がするというか。。。

安蘭世津子様に初めてお会いした時の、誉おディーン様のお言葉。。。。

『以前どこかでお会いしませんでしたか?と、聞こうとしてたんですけど、ナンパ見たいなので止めました』

って言ってて、総て見た後、このセリフの、それって、あの事だったんだーってのが知ってゾゾぞっとしましたねーー

 

やっぱ、ぼーっと生きてる人間と、総てを考え理解し、行動する人間との脳の構造は違うし、人生が違うんだろーなーと感じてしまいました。

きっと、とても偉い出来る人々は、そういうのを常に考え行動しているんだろうと思いましたねー

続く→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です