シャーロック 10話 感想絵2~スネ夫について語ります~

⇒続き

心配性爆発してる、若ちゃん@岩ちゃんさんを、よそ目に、捜査をやめない男・誉おディーン様(笑)

そんな、おディーン様を心配し(笑)捜査をより手伝う若ちゃん(笑)健気(笑)

そして、相変わらずに情報を収集し、犯人たちを追い込みます。

今回は、犯人がたくさんいるというか、追い込む相手がたくさんいるというか、そんな状態でしたねー(*´ω`*)

しかし、最後のラスボスを除けば、大変不憫な事件ですね。劣等感や寂寥感(せきりょうかん:物悲しい気持ち。人恋しく寂しい。むなしい)などが、原因で起こってしまった事件ですねー

まあ、ラスボス以外の犯人たちは、同情してしまいます(´・ω・)

誘拐を企てた二人は、輝いた美しいものが、近くにいて、それに照らされ続け、自分の輝きの無さを日々痛感させられ、こういう暴挙に手を染めてしままったのかもしれませんね。。。。

また、誘拐されてしまう?少年も切ないですね。信頼してた人、家族に裏切られたと知った時は、すごい辛かったでしょうに。。。。(。-_-。)

もう、彼の立場になった時、同じ状況だったら、つらすぎる(-_-;)

ぶっちゃけ、お金持ちの方の子供や、有名人の方の子供や、政治家の子供など、親が立派なのって、つい、うらやましいと思いますが、しかし、その分、こっちが思っている以上に大変なことや、辛い事も体験しているのではないでしょうか?

よくいう、『ドラえもん』での、スネ夫について。

スネ夫は、ジャイアンのそばにいて、すねをかじって美味しいと思われがちですが、その分、ジャイアンの気を使い、トークを盛り上げ、時には、大事なおもちゃを奪われたりと、色々なご苦労もあると思うのです。

だから、一つの側面だけでは、計り知れない事はたくさんあり、スネ夫は、あー見えて、色々ご苦労されてるんですよ。きっと。(笑)

話が、かなり脱線しましたが、まあ、だからといって、悪いことはしちゃだめですけどね(笑)

事件の方は、誉おディーン様のお力で、誰も亡くなる事もなく、無事、誘拐事件も解決できました。

良かった良かった(*^▽^*)

しかし、最終回直前なのか、江藤警部@佐々木蔵之介氏が怪しい雰囲気を醸し出してる(笑)というか、変なことしてます(笑)

さて、最終回どうなるでしょう?江藤警部の屋上での変な(笑)行動の意味は?もしや、江藤警部は悪い奴?守谷は誰だ?登場するのか?誉おディーン様は、守谷を退治できるのかー(≧◇≦)?

色々な謎を引っさげて、最終回へ向かいます!!

サー盛り上がってまいりましたーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です