シャーロック 最終回 感想絵8~特別編に続きます。~

→続き

『守谷』と対峙した、誉おディーン様でしたが、東京での悪事は阻止できたものの、『守谷』と共に海に落ちてしまいます。

てか、誉おディーン様が、『守谷』に海に落とされるのです。

なぜ?『守谷』は、誉おディーン様を道連れに、海に落ちたのか?海に落ちる意味は、なんなのか?

それに『守谷』が、『あなたは私が本当の守谷だと思っていますか?』と言って、誉おディーン様と共に海に身を投げるのです。

なんという、意味深なセリフを残していくんだ!!

当方の考察的に、(ここからは当方の妄想・推理✨です(;´∀`))

目の前にいる『守谷』と名乗る男は偽物で、本物の『守谷』に操られているのではないかと考えます。
最終回にて、『守谷』に洗脳されたであろう人間たちが、たびたび、悪事・人殺しなどを行っています。

今回の、真の計画は、本物の守谷が、強敵・宿敵な誉おディーン様を味方につける、又は、排除するために、この計画を立てたのではないかと思うのです。

さて、名探偵・米朗になれるでしょうか?(この考察は当たっていますかねー(*´ー`*)(笑))

謎が謎を呼ぶ展開ですが…次回作があることを期待しますね!

海に落ちて、消息不明になってしまった、誉おディーン様!

誉おディーン様は、無事生きているのか!それともー?

的な感じで終わってしまいました(>_<)

なんと、特別編もあるということなので、特別編で、色々解決出来るでしょうか?

特別編楽しみです(^ω^)

→特別編へ続く!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です